【Herzog】マシンシャットオフノズル(タイプTSN)

マシンノズル ニードル式シャットオフ スプリング駆動 タイプTSN

TSN 許容最大操業条件
• 最大射出率 :
ポリスチレン換算(PS)
TSN00   50 cm3/s
TSN0   500 cm3 /s
TSN1   800 cm3 /s
• 最大射出圧:
2500bar/250MPa(350℃)
•  適応樹脂:熱可塑性樹脂 (PVC非対応)
•  シャットオフ方式:
ト―ションスプリングによるニードル式シャットオフノズル

技術概要

 

 

TSN図2済 internal structure 2-1

このタイプTSNは、スプリングで駆動されるニードル式シャットオフノズルです。PA、PPS、PE、POM、PPなどの低粘度樹脂を中心に熱可塑性樹脂の成形に用いられます。

 

 

【応用分野】

食品容器、自動車部品、工業用製品、医療機器、電子装置など。

【動作】

本ノズルは射出圧によって開き、再びスプリングの力により閉じます。ニードルは本体と同軸で動き、通常はスプリングの力で閉の位置に保持されます。初期位置では、通常ノズルのオリフィスは閉じられています。上昇した溶融樹脂圧力はニードルの表面に働き、200barでそれを後退させ、ノズルは開きます。溶融樹脂圧力が下がると(≤ 80barニードルはスプリングの力で前進し、ノズルは閉となります。
※ノズルサイズは射出率(cm3/s)に従って選択してください。

【注意】

本資料の数値は、標準用途を前提として記載しています。

適用例

【抑制効果】

• はなたれ、糸引き
• サックバックによるエアの巻き込み
• 計量時におけるノズルからの樹脂漏れ
• 竪型機における樹脂漏れ

【生産性向上】

• 溶融樹脂の流れを制御、確実なシャットオフ
• サイクルタイムの短縮 、生産性の向上
• 製造時における信頼性、再現性の向上
• 背圧の増加による有用性、混練度向上による均質性の向上
• 簡便な取り付け
• 高いアドオン性能 (ツール側)

Herzog について

• ノズル専業メーカー
• 長年にわたる市場での存在感
• 今日の技術革新に対応できる設計と組立
• 特殊用途のノズルの開発
• 短納期
• 高いメンテナンス能力

長所と短所

【長所】

• ノズル先端(オリフィス)でシャットオフ
• 最大射出圧: 2500bar/250MPa(350℃)
• 簡単な設置
• 高い経済性
• コンパクトなデザイン

【短所】

• ノズル開閉は溶融樹脂に依存
• スプリング方式は油空圧方式に比較し制御面での一貫性に劣る
• 定期的なメンテナンスが必要

金型との接触回避

★:図中の星印は、ノズルが干渉する可能性のある部位を指しています。 型板及びモールド内 に充分なスペースを考慮する必要があるので、ノズルのサイズに従い各部位の寸法を確認してください。状況により、ロングチップを選択し、干渉を避けてください。

 

 

TSN図3済
 

 

干渉確認 TSN 00 TSN 0 TSN 1
★部 24 43 55
チップ長 14 13 28 18 38
チップ + ボディ 42 40 55 60 80
ノズル外径(除ヒーター) 30 35 50
操業条件及び標準寸法 TSN00 TSN0 TSN1
最大射出率 , ポリスチレン換算 (PS)   50 cm3 / s   500 cm3 / s    800 cm3 / s
スクリュー径(目安) 概ねφ 20 mm まで 概ねφ 40 mm まで 概ねφ 80 mm  まで
最大ノズルタッチ圧 最大 30 kN 最大 70 kN 最大 120 kN
最大背圧(ノズル開) 200 bar 200 bar 200 bar
最大射出圧及び温度 2500 bar  350°C 時 2500 bar  350°C 時 2500 bar  350°C 時
標準チップ長 (ご要望に合わせ製作可) 14 mm 13 / 28 mm 18 or 38 mm
最大オリフィス径  (ご要望に合わせ対応可) 3 mm 3 mm 5 mm
ボディー長 (ネジ長、チップ長を除く) 48 mm 72 mm 94 mm

※本技術資料の内容は資料作成時のものであるため、見積の際に別途御確認願います。

 

お問い合わせ・ご注文用データシート

下記のシートをクリックするとPDFシートが開きますので、ダウンロードしてお使いください。

 

 

※技術的な変更は可能です。

 

 

Herzog systems ag(ヘルツォグ スイス本社)TOPページにジャンプします。

お問い合わせは電話046-240-6216か問い合わせフォームからどうぞ