【FluClean 】アフターバーナーによる排出ガスの処理

(フルクリーン) 流動層洗浄炉は、付着樹脂をガス化することにより、合成繊維ノズルやシャットオフノズル等を短時間に高いレベルで洗浄します。
AFRシリーズ、AFCシリーズ他製品
(Advanced Fluid Technology Inc.社製品)

大気汚染に関する規則により、排出ガスを直接大気中に放出することは禁止されています。洗浄炉から排出される排出ガスは、高温で有機物・無機物を含むため、直接排気を行うと大気汚染に繋がりかねません。そのため当社では、アフターバーナーの設置を推奨しています。

アフターバーナーは、燃焼室と冷却タワーから構成されています。アフターバーナーの後部に設置された排気ブロワーにより、洗浄炉の排出ガスをアフターバーナーの燃焼室に送ります。排出ガスは、バーナーで800-1100度に加熱され再燃焼されます。これにより、すべての有機物質は完全に分解され、汚染物質を排出することはありません。

排出ガスは高温で危険な為、冷却タワーで冷却水により冷却します。最終的に排出されるガスの温度は、70度前後となります。これにより、処理済みの排出ガスを安全に大気へ放出することが可能となります。

アフターバーナーには、安全装置が取り付けられており、万一作動中に冷却水が停止してしまった場合でもフロースイッチでシステムを直ちに停止します。また、燃料ガスが停止した場合も、同様にプレッシャースイッチでシステムを緊急停止します。
付着樹脂が多い場合、ポリマー過剰となり燃焼室の温度が想定より高くなってしまうケースがあります。万一、燃焼温度が1100度を超えた場合でも安全装置でシステムを直ちに停止します。

処理できる樹脂の量はアフターバーナーのサイズによっても決定されるので、本体同様、機種選択の際には充分な打ち合わせが必要です。
樹脂のみならず、添加剤の分解も大変重要です。今後の樹脂と添加剤の開発においてもこれまで以上の難易度が予想され、アフターバーナーの重要性はより増していると考えられます。

 

フルクリーンの概要 はこちら→
フルクリーンの原理 はこちら→
アフターバーナーによる排出ガスの処理はこちら→
適用例はこちら→
洗浄テスト・カスタマーサポート・装置概要はこちら→