耐食耐摩耗、耐熱、離型… 我々はチタンコーティング、シリンダー、溶射、工具、機械、
金型部品を通じ、高次元のセールスエンジニアリングを展開します。
 

神奈川県大和市中央林間西3丁目7-1 太平金属工業鞄 

電話: 
FAX:

046-274-2713
046-277-3500
 
 
 
  ・PVDセラミックコーティング
  ・CVDセラミックコーティング
  ・ラジカル窒化及び複合処理
  ・溶射
  ・メタルインジェクション(MIM)
  ・成形機シリンダースクリュー
  ・低融点合金(SK-ALLOY)
  ・高耐熱耐食合金
  ・マグネダイキャスト機械部品
  ・工具製作及び再研磨再コート
  ・二硫化モリブデン固体潤滑剤
  ・樹脂成形機用スプレー製品
  ・機械部品及び冶工具製作
  ・各種ターゲット・蒸着材料
  ・特殊鋳造品
 
 
 
 
 
 
※サイトマップはこちらです
 
News Rleases 
住鉱潤滑創立50周年に向けた記念製品として「Hi SPEED(ハイスピード)」をリバイバルし製品化致しました。またこの度の東日本大震災を受け、本製品の売上の一部を復興支援に寄付いたします。
Hi Speed 復刻版限定発売


 

 
 
文字サイズは中、印刷はA4横が最適です。
Google

サイト内検索はこちらへ


 WWW を検索 
  taihei-s.com を検索
株式会社
タイヘイテクノサービス
TEL 046-274-2713
FAX 046-277-3500
tts-info@taihei-s.com


   
  超硬、アルミナ、酸化クロム、ステライトをはじめ、多様な溶射方法でニーズに答えます。

溶  射

高機能、高品質を実現した、各種溶射製品
(太平金属工業(株)製品)
【概  要】
溶射は、製品の寸法変化を修正する肉盛りや耐食性、耐摩耗性なとを構造部材に付与する目的で、現在さまざまな分野で利用されています。溶融・噴射する粉末の成分も、各種金属、セラミックス、複合材など多岐にわたり、溶射の応用範囲はさらに広がっています。当社の溶射製品は、その粉末に独自で開発した溶射用合金粉末・サーフェロイを使用。従来の溶射製品に比べ、耐摩耗、耐食、耐高温酸化性などが飛躍的に向上しました。また、粉末成分は高純度ニッケルやコバルトが中心ですが、耐熱性、断熱性にすぐれたセラミックス溶射による製品も供給可能です。
溶射の受託加工についてはお気軽にお問い合わせください。
【主な特長】
1.基材との密着度が高い。
2.皮膜の硬さが高く、安定している。
3.機械的強度、耐衝撃性にすぐれている。



【用  途】

1.ボーリング機械用スリーブ
2.ポンプ部品スプール、粉粒体機器用部品
3.遠赤外線ヒーターパネル
4.溶鉱炉用NG先端ノズル、熱間押出ダイス
5.コールドダイキャストマシンプランジャチップ
6.押出機セグメントスクリュー
7.その他各種機械部品


【物理的および機械的性質】   
                     

1.自溶性合金 (JIS H 8303)(JIS H 8303)

種 類 化学成分 % 硬さ
(HRC)
Ni Cr B Si C Fe Co Mo Cu W
MSFNi1 残部 0〜10 1.0〜2.5 1.5〜3.5 0.25以下 4以下 1以下 4以下 15-30
MSFNi2 残部 9〜11 1.5〜2.5 2.0〜3.5 0.5以下 4以下 1以下 30-40
MSFNi3 残部 10〜15 2.0〜3.0 3.0〜4.5 0.4〜0.7 5以下 1以下 40-50
MSFNi4 残部 12〜17 2.6〜4.0 3.5〜5.0 0.4〜0.9 5以下 1以下 4以下 4以下 50-60
MSFNi5 残部 15〜20 3.0〜4.5 2.0〜5.0 0.5〜1.1 5以下 1以下 55-65
MSFCo1 10〜30 16〜31 1.5〜4.0 2.0〜4.5 1.5以下 5以下 残部 7以下 10以下 35-50
MSFCo2 0〜15 19〜24 2.0〜3.0 1.5〜3.0 1.5以下 5以下 残部 4〜15 50-65
種 類 配合比 % 硬さ
(HRC)
WC MSFCo1 MSFNi4またはMSNi5
MSFWC1 20〜80 残 部 45−55
MSFWC2 20〜80 残 部 55−65

備考:MSFWC2は、Co10%以下を含むことは差し支えない。
 

2.ステライト合金

品種 Co
(%)
Cr
(%)
W
(%)
C
(%)
Fe
(%)
比重 溶融
点度
比熱 熱膨張係数
50〜600度
摩擦
係数
(琢摩面)
抗張力
kg/mm2
硬度
HRC
No.1 Bal 30.0 12.0 2.5 3.0Max 8.48 1.285 0.094 13.8×10(-6乗) 0.07〜0.13 33 54
No.12 29.0 8.0 1.35 2.5〃 8.47 1.285 0.098 14.4×10(-6乗) 53 47
No.6 28.0 4.0 1.0 3.0〃 8.42 1.290 0.101 14.9×10(-6乗) 74 44
No.4 30.0 14.0 0.6 3.0〃 8.79 1.302 0.101 14.3×10(-6乗) 108 44

 

炭化物系サーメッ  ※H.V.O.F(高速溶射プロセス)用粉末 
一般名称 製  法 成 分 例(%) 硬さ※(Hv(0.3))
W C Co Ni Cr Fe
WC-12Co 造粒一焼結 Bal. 5.3 12.0 <0.5 <0.5 >1100
WC-12Co 焼結一粉砕 Bal. 4.3 12.0 <0.5 <1.0 >1100
WC-17Co 造粒一焼結 Bal. 5.3 17.0 <0.5 <0.5 >1100
WC-10Co-4Cr 造粒一焼結 Bal. 5.2 10.0 <1.0 4.5 <0.5 >1050
WC-12Ni 造粒一焼結 Bal. 5.3 <0.5 12.0 <0.5 >1100
WC-20CrC-7Ni 造粒一焼結 Bal. 6.0 7.0 20.0 <0.5 >1000
WC-20CrC-7Ni 焼結一粉砕 Bal. 5.4 7.0 20.0 <1.0 >1000
Cr3C2-25NiCr 造粒一焼結 9.5 20.0 Bal. <0.5 >800
Cr3C2-25NiCr 混 合 9.6 20.0 Bal. <1.0 >700

    

4.セラミックス
種類 主要成分 特徴
グレーアルミナ Al2O3+3%TiO3 耐摩耗性、耐食性、断熱性、低溶融金属濡れ性
ホワイトアルミナ Al2O3 絶縁性、耐磨耗性、耐食性、断熱性、低溶融金属濡れ性
ジルコニア ZrO2 低溶融金属濡れ性、耐高温酸化性
酸化クロム Cr2O3 耐摩耗性、耐熱性、耐酸化性の向上
酸化チタン TiO3 耐熱性、絶縁性、耐酸化性、高遠赤外線放射性
 
 
【溶射方法別適合表】
溶射法 Ni基
自溶合金
Co基
自溶合金
Fe基
自溶合金
Ni基合金 Co基合金 炭化物
サーメット
溶接棒
溶射溶融法        
プラズマ溶射  
高速フレーム溶射(HVOF)  
HIP  
肉盛り            



ページTOPへ

Copyright(C)2003 All Rights Reserved.
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は潟^イヘイテクノサービスに帰属します。   プライバシーポリシーについて