【プライムコート-C】軟鋼加工時の溶着防止性に優れたセラミックコーティング

プライムーCは今までにない高硬度と潤滑性能を併せ持ったチタンコーティング膜です。
(日本コーティングセンター(株)製品)

プライムコート-C 超潤滑被膜

プライムコート-C 超潤滑被膜これまでの常識をはるかに越える超潤滑被膜。
新組成被膜により、TiAlN並の耐熱性を持ちながら、高い潤滑性能をプラスすることに成功しました。
軟鋼加工における、材料の刃先溶着を防ぎ、滑らかで、美しい切削加工性能を発揮します。

プライムコート-Cの4つのポイント

Point1 耐熱性・耐摩耗性を損なわずに、潤滑性を大幅に向上
Point2 HRC20~50までの幅広い材料の切削加工に高いレベルで性能を発揮
Point3 高い潤滑性により、切り粉の排出を容易にし、刃先への凝着を低減
Point4 高い耐熱性により、ドライ切削・金型分野への応用可能

プライムコート-Cの優れた機能

プライムコート-Cは、摩擦係数0.3以下、硬度2800HV以上になります。

種類 プライムコート-C TiAlN TiN
酸化温度(℃) 800 700 500
硬度HV 2800 2800 2500
摩擦係数 0.35 0.40 0.45
膜厚(μm) 3〜5 2〜4 2〜4
色調 銀白色 赤黒色 金色

プライムコート-Cの優れた切削性能

高速切削加工において、プライムコート-Cは、TiAlN膜をはるかに上回る切削寿命を示しました。
【切削条件】
・R5超硬ボールエンドミル(2NT)中荒取り
・切削速度:150m/min.
・送り:1910mm/min.
・回転数:4775rpm
・切削方法:水溶性クーラント、等高線ダウンカット
・被削材:DH31(SKD61改良),HRC50
プライムコート-C 超潤滑被膜の特性

プライムコート-Cの用途・適用材質

切削工具 HRC20~50までのドライ切削
インコネル、ハステロイ、ステライト等超合金加工
オーステナイト系ステンレス加工
金型 Alダイカスト、熱間鍛造加工等
高い耐熱性が要求される金型・金型部品

プライムコート-Cの主なコーティング可能材料

超硬合金および超硬合金ロウ付け品 1-2
高速度工具鋼 粉末ハイス:ASP23, 30, 60、HAP10, 20, 40, 50, 70, 72、DEX20, 40, 60, 80
溶製ハイス:SKH51~57
ダイス鋼(低温焼き戻し品は硬度低下及び寸法変化の恐れがあります) 冷間ダイス鋼:SKD11(高温戻し)、DC53, KD11V, SLD8, その他相当品
熱間ダイス鋼:SKD61
その他 プレハードン鋼、マルエージング鋼

※コーティング処理温度(450℃~500℃)以下の焼き戻し温度品または規定を外れた熱処理履歴品は、硬度低下及び寸法変化の原因となりますので、十分ご注意下さい。

プライムコート-Cは、特許出願中です。
(特願平9-342127;(株)タイヘイテクノサービスと日本コーティングセンター㈱との共同出願)

 

製品詳細はお問い合わせください。TEL:046-274-2713 Mail:tts-info@taihei-s.com